052-715-8408

無料相談会

企業様お問い合わせ

企業様お問い合わせ

企業様お問い合わせ

2022/01/06

肩関節脱臼の受傷機序および診断、症状や診断について

2022/01/06肩関節脱臼の受傷機序および診断、症状や診断について

肩関節脱臼とは

 肩関節は肩甲骨と上腕骨からなる関節で(図1)、肩関節脱臼は肩甲骨関節窩から上腕骨頭が外れた状態を指します。頻度の高い脱臼であり外傷やスポーツなど様々なケースで起こりえます。

受傷機序および診断について

 転んで手をついたり、腕が後方へ強制的に牽引されることで脱臼が起こります。診断は単純X線写真によって行われますが肩関節の向きを考慮した撮影を行う必要があります。肩関節脱臼は以下のように分類されます。

  1. 前方:subcoracoid型、subglenoid型に分けられ、後者は骨折を伴うことが多いです。
  2. 後方:診断が困難なことが多いタイプです。
  3. 下方:関節窩の下方に上腕骨頭が入り込むタイプです。上腕は挙上した状態で固定されます。

 脱臼とともに骨折を合併することがあり、骨折が疑われる場合にはCTが撮影されることがあります。脱臼の診断のためにMRIを撮影されることはありませんが、脱臼に伴って起こりうる腱板断裂が疑われ、その診断、治療を要すると判断されればMRIが必要になることがあります。

腱板断裂については過去の記事をご参照ください。
関節窩の損傷であるBankert損傷を生じた場合、反復性に脱臼してしまうことがあります。この場合の症状も初期の脱臼と同様です。反復性脱臼で問題となることとして関節軟骨の摩耗です

肩関節脱臼 Bankert損傷 

症状について

 脱臼のために正常な肩関節運動が障害されます。これによって痛みを感じることがありますが、骨折を伴う場合は、それによる痛みも伴うことがあります。反復性脱臼の場合も初期の脱臼と同様の症状が起こります。

 

 

治療について

 症状がはっきりしているため受傷後にそのまま放置することはないと考えられますが、適切な治療やリハビリを受ける必要があります。受傷後はまず早めに整復を行います。そのまま放って置くと神経損傷が生じえます。その後は鎮静薬により疼痛を抑えリハビリを行います。肩関節の安定性を保つため肩周囲の筋力強化を行います。

反復性脱臼となってしまった場合は手術が必要な場合があります。この場合も肩関節の安定性を保つため肩周囲の筋力強化を行います。

認定される後遺障害等級の種類について

肩関節脱臼では肩関節運動に障害をきたすことがあります。よって以下の等級が認められる可能性があります。

後遺障害

等級

説明

第8級6号

一上肢の三大関節中の一関節の用を廃したもの

第10級10号

一上肢の三大関節中の一関節の機能に著しい障害を残すもの

第12級6号

一上肢の三大関節中の一関節の機能に障害を残すもの

第14級9号

局部に神経症状を残すもの

まとめと注意点

 肩関節脱臼は脱臼の中では頻度の高い疾患です。後遺障害の認定を受けられる可能性がありますが、まずは受傷後に適切な治療を受けられるのが懸命です。適切なマネージメントを受けても運動制限のような障害を残ることがあるため専門家による評価の上、後遺障害等級の認定を受けられることを推奨します。

 

CONTACT

お問い合わせ

ご質問やご要望がありましたら、お気軽にご質問ください。

お電話でのお問い合わせ

052-715-8408

受付時間:9時00分~17時00分 土日・祝 休み

無料相談会

zoom相談会

相談会の参加はこちらから


無料相談会


メール相談


電話相談