YKR Medical Consult

医療のプロが作る!意見書作成サービス

医師画像
相談サービス

0初回

+

医師遺言鑑定
相談サービス

0初回

事前
予約制
1回30分

無料相談会でお困りごとを解決に導きます!

医療機関に赴くことなく医師との面談ができる画期的な取組みです。事前に相談内容を指定フォーマット上でまとめ、データ、もしくは紙ベースで資料や医療画像とあわせて提出いただいて実施します。
1回あたり30分です。(事務員とのやりとりは除く)

※過去にご利用いただいた方は有償となります。今後も弁護士の先生方が求める相談会を開催しますので、開催のご要望ございましたら随時遠慮なくお問い合わせください。

意見書を作成する上での3つのお困りごとTROUBLE

  • 01

    解決までに多大な時間がかかり、クライアントに申し訳ない…

    保険会社の顧問医師と相談したいが時間がかかってしまい中々自分の案件が進まない。クライアントの治療に携わっている医師が異動してしまう前に本案件を決着つけたい。クライアントが思い出しやすい内に論点を整理しておくには迅速に医学的な見解が必要になります。

  • 02

    医師に法律の事がきちんと伝わるか不安…

    裁判に必要な文言が十分に入っていない文章ではクライアントの利益を十分に守れない。病院からもらった資料では曖昧な表現が多くてトーンセッティングが分かりにくい。多くは医師が法曹界にどういうことが必要かが理解していないために起こる事象です。

  • 03

    退職した医師が片手間に作っているのでは?

    実際の現場感覚や医学常識が反映されるのかが心配。医学は日進月歩です。現場にいないとすぐに知識は風化していきます。
    実際に患者を診察している医師が携わっているのかはとても重要なポイントです。

すべて解決!RESOLVE

  • 01

    案件にかかる期間のスピードUP

    ・きめ細かなサポートによる迅速かつ丁寧な草案作成
    ・意見書納品までのスピード 67%UP
    ・依頼から意見書の完成まで完全オンライン対応
    (納品のみ紙ベースで印付します)

  • 02

    医療と法律のスペシャリスト集団

    約50名以上の顧問医師、弁護士により医療と法務のエキスパートが万全の体制でサポートします。

  • 03

    最先端の現場にいる医師

    弊社と契約している医師は、臨床経験が豊富であることも採用条件の一つとなっております。そうした経験と、論文・書籍などの明確なエビデンスを添えることで、説得力のある意見書を納品することができます。
    <意見書対応可能科目>
    整形外科(交通事故等)・脳神経内科外科(認知症等)

どこよりもシンプルな料金PRICE

まずは医師との相談から!医師とのZOOM相談0

  • まずは申し込み!

    お申込みいただいた順に、相談会日程を随時調整させていただきます。ご予約はWeb、メール、お電話でお問い合わせください。現在、多くの方にお申込みをいただいております。
    なるべく早く対応いたしますが、お問い合わせ順にご案内しておりますのでご承知おきください。

  • ZOOMでご対応!

    弊社サービスは直接赴くことなくZOOMで相談可能です。全国各地どの弁護士様からもお受け可能です。
    対応医師は柔軟に丁寧な説明を致します。高圧的、非協力的な医師はおりません。ご安心ください。

  • 画像で分かりやすく!

    弊社事務所には医療機関と同等の画像診断システムを導入しております。
    ZOOMの画面共有システムを利用し医師の説明を画面共有しながら明確に説明可能です。
    具体的に画像のどの部分を示して説明しているかが一目瞭然であるため、分かりやすく理解しやすいと大変好評いただいております。是非ご利用ください。

  • 事前準備で具体的に!

    一般的な相談会では、飛び込みのような形で専門家が相談を受ける、というようなものを想像されるかもしれません。 しかし弊社の相談会は、事前にカルテや医療画像の提供を受けることで、相談目的に対して具体的で的確な回答を行うことができます。 相談会後のアンケートでも、その点を非常に高く評価いただいており、現状では100%、非常に満足もしくは満足の評価をいただいております。

  • 交通事故意見書 異議申立て

    220,000

  • 交通事故意見書 裁判1審

    330,000

  • 画像鑑定報告書

    33,000

  • 遺言鑑定意見書(生前、没後共通)

    440,000

  • 医療過誤意見書 裁判1審

    550,000

  • (料金の一例です。弊社は資料の多寡で料金が変動することはありません。
    その他スクリーニング調査も承っております。)
    保険(弁護士費用特約)適用実績がございます。ご相談ください。

意見書サービスのご利用までの流れFLOW

  • 01

    お問い合わせ

    ホームページまたはメール、お電話、FAXからお問合せください。
    (平日9時~17時対応)
    ※メール、FAXは24時間受け付けております。(返信は平日となります)

  • 02

    無料相談会

    ※弊社とのコンタクトが初めてのお客様に限ります。
    ①相談したい内容に応じた資料(注)を事前にお送りいただきます。
    ②日程調整を行います。
    ③相談内容に応じた適切な医師が、原則遠隔にて相談をお受けいたします。
    ④無料相談会を経て、意見書等の依頼をご検討ください。
    ⑤簡単なアンケートにご協力ください。

    (注)必要資料の一例
    ・医療画像データ(XP、CT、MRIなど)
    ・診断書(診療報酬明細書は不要です)
    ・診療録(カルテ)
    ・後遺障害診断書、後遺障害認定結果など、後遺障害認定に係る書類
    ・(裁判の場合)裁判の概況が分かる資料
    ・日常生活の状況がわかる資料(主に遺言鑑定の場合)
    ・返信用のレターパックまたは着払便伝票(誤送付防止のためご協力をお願いいたします)
    ※資料を紙ベースで送っていただく場合、必ずコピーをご送付ください。(原本をお送りいただいた場合の紛失の責任は負いかねます)

  • 03

    お問い合わせ

    ①資料及び依頼書の提出(無料相談会で提出していない場合)
    ②ご依頼者様との契約・意見書作成代金の請求及び支払、作成医師選定
    ③草案の納品(データ納品)
    ④草案に対する修正依頼
    ⑤草案の修正
    ⑥本書完成・納品(紙・捺印済・参考文献付き)

    ・納期について
    原則、①の資料が整い、②の契約・支払が済んだ時点から約4週間で草案を納品いたします。その後、ご依頼者様とメール等でやり取りを行いながら本書を完成させていきます。
    あくまで目安の期間としては、契約から2か月ほどで本書の納品となります。

これまでの実績ACHIEVEMENTS

  • レビー小体型認知症と判認知機能の低下と精神症状の観点から遺言鑑定を行った事例

    A(被相続人・男性)が亡くなった後、「Aの全財産をXに相続させる」との公正証書遺言書が出てきた。そのYより公正証書遺言書の有効性をめぐって訴訟になっている。

  • 『交通事故意見書(非骨傷性頸髄損傷)⇒非該当から14級認定へ』

    本件事故は、停車中の被害者車両に、後方から制限速度を超えた加害車両が衝突したことによって起こった玉突き事故である。

  • 交通事故裁判用鑑定書(右手首関節には骨片)

    依頼者の右手首関節には骨片の存在は認められますが、相手方は事故によるものではなく、事故以前からのものである(陳旧性)との主張をしています。

おかげさまで取引件数

2021年愛知県意見書作成数1

テキストテキストお客様の声VOICE

  • 遺言鑑定相談会

    医学的見地から専門的意見を詳しくご教授くださり大変参考になりました。失礼で申し訳ないのですが、無料ということでしたので、内容がある程度抽象的になるのではと思っておりましたが、そのようなことは全くありませんでした。先生のご説明も分かりやすく、希望も見えてきました。ありがとうございます。

  • 画像相談会

    医師の先生には、こちらからの質問に対して、とても丁寧にわかりやすく説明していただけまして、大変満足しております。丁寧な対応が御社へご依頼させていただくきっかけとなりました。

  • 意見書作成後

    鑑定と意見書作成をしてくださった医師の先生が明快な説明と書面作成をして下さり、当方の立証の趣旨も理解しながら専門的見解を記述してくださるので大変助かりました。ご依頼者ご本人も、医師の先生のさわやかさ、明快なご説明、対応の丁寧さに大変喜んでおりました。ありがとうございました。

お問い合わせ(無料相談会のお申し込みも承ります)CONTACT

無料
相談会

こちら

    会社名
    部署名
    お名前
    メールアドレス
    電話番号
    お問い合わせ内容