052-715-8408

無料相談会

企業様お問い合わせ

企業様お問い合わせ

企業様お問い合わせ

2022/01/06

鎖骨骨折の症状や治療、認定される後遺障害等級の種類について

2022/01/06鎖骨骨折の症状や治療、認定される後遺障害等級の種類について

鎖骨骨折とは

 鎖骨は肩運動の安定性に寄与する骨です(図1)。鎖骨骨折は肩や腕に強い外力が加わり骨折をきたすものです。

 

 

すなわち外傷を背景として起こります。

自然に骨折をきたすことは基本的になく、交通外傷だけでなく転倒でも起こりうる骨折です。

 

 

また転倒しやすい高齢者だけでなく部活動等で活動的な若年者においても起こりやすいため、頻度の高い骨折です。

 

 

 

受傷機序および診断について

 鎖骨はS字状の長い骨で肩甲骨と胸骨とを結ぶ骨です。

鎖骨骨折は直達外力もしくは肩、腕に外力が加わる介達外力により起こります。

 

 

鎖骨骨折は内側、中央、外側でその部位を分類します。単純X線写真によって診断を行いますが転位(=ズレ)が少ない場合、診断に苦慮することがあり時にCTが撮影されます。

 

 

CTはその名の通り断層画像であり、任意の断面に再構成できるため骨折の立体構造を把握するのに有用です。

その反面被曝も多いため第一選択として行われることはありません。

 

 

 

症状について

 骨折したばかりでは、周囲の出血による腫れ、肩の短縮、骨自体の痛みを自覚します(図2)。

 

偽関節の場合では時として疼痛や肩関節運動に制限が起きることがあります。

 

 

治療について

 鎖骨骨折では保存療法あるいは手術で治療されます。

保存療法では、クラビクルバンドや三角巾による固定が選択肢として挙がります。

 

 

手術ではプレートによる固定や鋼線による固定等、様々な方法があります。

また偽関節を形成したあとの手術は骨折してすぐに行われる手術とは異なります。

 

 

このように鎖骨骨折では骨折型、どれだけ転位しているか(転位量)、生活背景、活動性、年齢、性別によって手術適応がかわります。

 

 

結果的には保存療法が選択されることの多い骨折ですが、手術を行うケースも一般的です。

変形癒合も稀ではなく、変形による皮膚へ突出が整容的に問題となるケースが有るため、適切な治療が必要です。

 

 

 通常骨接合とはことなり、偽関節手術と骨接合とは似て非なる手術が実施されます。また偽関節手術において光線固定は選択されるケースが少ないです。

 

 

 

認定される後遺障害等級の種類について

 鎖骨骨折では障害をきたすことがあり、以下の等級が認められる可能性があります。

後遺障害

等級説明
第8級6号一上肢の三大関節中の一関節の用を廃したもの
第10級10号一上肢の三大関節中の一関節の機能に著しい障害を残すもの
第12級5号鎖骨、胸骨、ろく骨、けんこう骨又は骨盤骨に著しい変形を残すもの
第12級6号一上肢の三大関節中の一関節の機能に障害を残すもの
第14級9号局部に神経症状を残すもの


まとめと注意点

 鎖骨骨折は頻度の高く、歴史的に保存療法が選択されやすい骨折ですが、皮膚に近い骨であるが故、癒合後も僅かな変形で整容的な異常(裸になったとき、骨性隆起に肉眼的な健側差を認める)をきたしやすく、変形の程度が強いものや、偽関節においては疼痛の残存や運動制限を来すもことも稀ではありません。

 

 

このように鎖骨骨折は機能面や疼痛残存の他、肉眼的な変形において後遺障害の認定を受けられる可能性が十分にある傷病です。

 

困りのケースについて是非ykr medical consultにご相談ください。

 

 

 

CONTACT

お問い合わせ

ご質問やご要望がありましたら、お気軽にご質問ください。

お電話でのお問い合わせ

052-715-8408

受付時間:9時00分~17時00分 土日・祝 休み

無料相談会

zoom相談会

相談会の参加はこちらから


無料相談会


メール相談


電話相談