052-715-8408

               無料相談会

企業様お問い合わせ

企業様お問い合わせ

企業様お問い合わせ

企業様お問い合わせ

医療過誤意見書作成

SERVICE

医療過誤意見書作成

どこからが医療過誤なのか、どこまでが医療ミスなのか、その判断を下すのは大変困難です。公表されている各種ガイドラインの内容が現在の医療にアップデートされていないケースがあり、多くの訴訟が患者不利で執り行われているのも事実です。

弊社はその状況を是正し正しい医学情報を弁護士の先生方に提供します。また、弊社で作成した意見書を裁判で活用いただくことも可能です。

ただし、意見書作成依頼に関しましては、医療過誤訴訟の特性(長期裁判、初回争点の重要性等)を鑑みて、ご依頼は弊社コンサルトサービス加入のお客様に限ります。何卒ご承知おきください。

MERIT

当社を利用するメリット

全診療科対応

弊社専門医グループは、各診療科のスペシャリストを擁し弁護士の皆様が遭遇するあらゆる医療過誤に対応可能です。

参考文献を重視

意見書作成時には意見を裏付ける明確な参考文献を添付します。英訳であれば該当部分に対する和訳も添付可能です。主義や処置がガイドライン、教本、論文に適合しているか客観的根拠から意見を裏付け過誤を立証します。

複数医師での対応可能

案件に応じて複数診療科にまたがる医療過誤案件が散見されます。弊社にお任せいただければ複数医師による有効な意見書を作成いたします。

CASE

事例紹介

VIEW MORE

COST

サービス料金

       
                   
意見書作成(調査含む)550,000円(税込)
事前調査220,000円(税込)
事前調査後の意見書作成385,000円(税込)
追加作成440,000円(税込)

Q&A

よくある質問

医療過誤鑑定書Q&A

Q 患者さんと直接面会いただくことは可能ですか?

A 鑑定書サービスは保存された証拠に基づいて過誤の有無を鑑定するサービスです。直接の面会はお断りしております。

Q 鑑定書作成医を裁判参考人として参加いただくことは可能ですか?

A お断りしています。

Q 医師や役職の指定は可能ですか?

A 依頼いただく内容に応じて適切な医師を弊社で選定します。各診療科専門医が鑑定業務を行いますが役職等を選択することはできません。

Q 複数回鑑定書を作成いただくことは可能ですか?

A 可能です。追加作成費用として40万円/件(税別)いただいております。

CONTACT

お問い合わせ

ご質問やご要望がありましたら、お気軽にご質問ください。

お電話でのお問い合わせ

052-715-8408

受付時間:午前9時~午前18時 土日・祝 休み

無料相談会

zoom相談会

相談会の参加はこちらから